学生アシスタントの取り扱い 本文へジャンプ
申請方法

◆申請上の注意
・TARAは、雇用と位置づけ、雇用開始日以前の採用手続きが必須となります。
 雇用開始日を遡っての遡及申請は認められません。
・「税法上の取扱い・確定申告,扶養の所得制限について」を業務を行う学生に配布し,注意するよう
 指示をお願いします。
・科研費は研究遂行のための経費であることから,事務補助的な業務については研究補助の位置づけと
 し,RAでの申請を行ってください。



◆提出書類<それぞれをクリックすると様式がDLできます。>

@学生アシスタント支出申請書および支出申請データExcel形式はコチラ

 職名別・開始月ごとに申請データ(2枚目シート)を作成すると、学生の氏名・学籍番号等が
 支出申請書(1枚目シート)に反映されます。

 ・支出申請書(紙べース):プリントアウトし、内容を確認の上、予算詳細責任者が署名したものを
  各担当部局宛に提出してください。
 ・申請データ(Excelファイル):各担当部局宛に提出をしてください。



A給与の口座振込申出書【PDF形式】  <Excel形式はコチラ

 ・同一学生であっても職員番号が異なる場合は,それぞれ提出して下さい。

 ・外国籍を有する学生においてはその口座氏名(スペル等)の確認のため
   通帳見開き部分の(写)を添付願います。
※学生アシスタントの給与は、原則として、勤務した月の翌月21日に支給されます。
 最終勤務月分の給与が振り込まれるまでは、給与の振込口座を解約しないようご注意ください。



B令和3年分給与所得の扶養控除等(異動)申告書【PDF形式】 <英語版はコチラ

 ・原則、1人につき年1回の提出で構いません。(職員番号ごとにご提出いただく必要はありません)
ただし、年の途中で住所等の情報が変更になった場合は、変更の都度提出してください。
 ・両面印刷(短辺とじ)にて提出して下さい。
 【記入例】<Japanese> ・ <English>
  

Cその他 
・他大学の正規課程に在籍する日本人学生:他大学学生証の写し(在籍課程が確認できるもの)
・外国籍の学生(留学生):

学生証の写し
(在籍課程を確認できる)

在留カード
(両面)の写し

資格外活動許可(写し)

本学の正規生

在留資格が「留学」の場合は不要。

在留資格が、「留学以外」の場合は、要確認。

海外大学からの
短期留学生
(海外交流学生等)

日本国内の他大学に
在籍する正規生

在留資格の種類に関わらず必要。

※「R」がつく学籍番号を有する者も、他大学の正規課程に在籍していなければ、学生アシスタントには従事できません。


Dマイナンバー(個人番号)について
 東工大にマイナンバー(個人番号)を提出していない方につきましては,
 マイナンバー(個人番号)の提出をお願いいたします。
  ・学生アシスタントに係るマイナンバー(個人番号)の提供について(お願い)
   ⇒学生あての案内文はこちら 

  

締切日

業務開始月の前月15日人事課必着
 ※申請書類等は全て担当部局経由となりますので、部局における提出期限について、
 事前にご確認ください。

 


提出先(ポスト番号)

○理学院
理学院運営事務グループ(H-75

○工学院(大岡山)
工学院運営事務グループ(H-105

○物質理工学院(大岡山)
物質理工学院運営事務グループ(H-111

○環境・社会理工学院(大岡山)
環境・社会理工学院事務グループ(H-112

○工学院・物質理工学院・環境・社会理工学院(すずかけ台)
すずかけ台工学院事務グループ(G4-1)

○情報理工学院
情報理工学院事務グループ(W8-24

○リベラルアーツ研究教育院
リベラルアーツ研究教育院事務グループ(W9-119

○イノベーション科学系・イノベーション科学コース・技術経営専門職学位課程
田町環境・社会理工学院事務グループCIC807


 ※職種,プロジェクト,経費により上記以外が募集や申請を取りまとめることがあります。
 ※工学院・物質理工学院・環境・社会理工学院(すずかけ台)を除くすずかけ台地区については
   事務手続きのご案内(すずかけ台)にて,ご確認ください。